interview

2010年9月28日星期二

July 25, 2010



護る必要があるのは小さな秘密だ。大きな秘密は大衆の不信により自動的に護られる。

マーシャルマクルーハン

人が無知から目覚めていくと、自分が操作者に従わされていた事に気付くようになる。操作者の計画は日増しに明かになっている。市民が信じ従っていた事は真実ではなかったのだ。自分達が信じて従ってきたものがウソである事を受けいれるのは大変な事だろう。自分が従ってきたものがウソであると思いたい人がいるはずがない。

今こそ隠されてきた事実を暴く時だ。この事を伝えている聖霊は私だけではない。チャネリング関連のウェブサイトを見ればいい。

人類は光に導かれている。光と真実は現在闇と腐敗と対峙している。闇はあらゆる手を使って人類の目を今起きている事からそむけようとしている。地球温暖化について古い思想が持ちだされ、大衆は罪の意識にさいなまれる。大衆にさらに操作が加わり税金が課せられる。

この地上でコントロールをうけた人間は、あらかじめ計画された出来事を変える事は出来ない。1イオタもを変える事は出来ない。しかし夜が昼になるように、季節が変わるように、状況は変化している。これはあらかじめプログラムされた事なのだ。この変化を止める事は誰も出来ない。目覚めよ。マインドコントロールの手に落ちるな。

人類の中で無限の意識に到達した人間が増えている。真実はあなたが持つ唯一の武器だ。デビッドアイクは言う。刑務所は天国に変わり、それはあらかじめ意図された事なのだと。あなた自身の声を見つけるのだ。真実を語る人をサポートせよ。その話に加われ。コンファレンスに参加せよ。真実の運動があなたのために行なわれている。あなたには世界を変える責務がある。子孫達のためにも。

変化のために働いた人間は高エネルギー世界に移行するにあたっても悪の計画から生まれるトラウマから比較的自由だ。もとの光にかえれ。

今エネルギーの変化が起きている。その事が意識の変化を促している。本当の自分を知るいい機会だ。自分がなぜこの今の地球に生まれてきたのか知るいい機会だ。あなたは地球の最も重要な時に生まれてきた。目をつぶって起きている事を見なければ危険はこないと考える人。彼らには確かに危険は降りかからないだろうが進化も遅い。

闇には計画がある。この計画を遂行するためには奴隷が必要だ。闇はあなたを尊敬などしていない。彼らにとってあなたは大砲の弾1個にすぎない。彼らは空気を汚染し続ける。食べ物を汚染し続ける。水を汚染し続ける。あなたが何も考えずに命令に従うゾンビになるまで。光と愛はあなたとともにある。そこには恐怖も、無知も、病気も、戦争も必要ない。こういうものが存在しない世界をあなたたちは作る事が出来るのだ。それはあなた次第だ。これはあなたの機会をあなたの世界を変えるのはあなたに与えられた機会だ。我々スピリットは我々のメッセージの伝達に人生をささげる人達に感謝する。おかげで闇に傾いた魂にも光をもたらす事が出来る。あなたは人類を光に導くリーダーだ。愛はあなたを前にすすめる。

妻も私もこの変化のために働いている。差別。規則。分類。人間がつくった壁がこの世界には存在する。その壁を超えていくのだ。

人工の災害。その真相と目的を知れ。真相を知れば自分がどのようなプロセスで彼らのウソにはまっていったかがわかる。一度ウソから目覚めた人間は二度とウソに引っかかる事はない。自分が信用しそうだと思う人間を見るのだ。彼がした事、彼がしなかった事を見るのだ。今こそ問う時。彼らの目をのぞきこんでみるのだ。目はこころの鏡。ソウルレスな人間の目は暗い。まるでブラックホールのようだ。そうであれば闇である事がわかる。

するために、生活のパスにご案内招待するそれぞれの、すべての魂地球上のご案内し、それらをサポートし、それらを無視しないガーディアンエンジェルを持って、彼らは自分の人生に干渉することはできません、彼らがいる。私は聖霊に来た私は話をしてベロニカのガーディアンの許可を聞くことができた、彼の名前はアルバートように私は彼女と一緒に作業を続ける可能性がある、彼はこれに祝福を与えた。

ベロニカよ。おまえは毎日多くの作業をしているね。光の人々も一緒に働いてくれているよ。おかげで言葉と国の壁は取り除かれ真の目覚めが起きている。

少し休むのもいいものだよ。ベロニカ。おまえは私のために働くと言った。私の仕事を完成させるのだと。

おまえの仕事は私への愛の証明だよ。私の誇りだ。

おまえの夫、モンティより。


Website: The Montague Keen Foundation


Translation: Gera Kaito

没有评论:

发表评论

2012

Morgan Kochel

與一個到過火星的人對話
Morgan Kochel


Morgan Kochel: 而這是你們所有的!這是我們對火星任務的討論的終結,但我仍然與乍得接觸。在這一點上,我希望能夠說服他做一個視頻或電視採訪,但當然,也會有一些障礙需 要克服,目前的主要原因之一是他可能會在一些危險中,如果他向大眾公開。此外,總會有人們可理解的懷疑態度的障礙。正如我在開始時所說的,我無法為任何人 驗證這個故事,也不是我的意圖去說服任何人其真實性。我的目標只是幫助他使他的故事被聽到,因為如果這個故事是真實的,這個星球上的人們正在一個規模宏大 的層面上被欺騙,也許這將最終有助於飛碟披露運動。這是謊言被揭曉的時候了,以及真相的時候 — 無論任何可能的事情 — 都一次性地被知曉。